【ショートコラム】眼の笑顔を大切に

9665593


「人間、やっぱり見た目だと思う」。
何だか、内面を見ていないようで、イヤなフレーズです。
でも、初対面の方と商談をする際、
第一印象を決めるのは、この”見た目”だと思います。

ただし、キムタクや伊藤美咲のような顔ではなく、
アルマーニやプラダを着こなしているからではなく、
私の言う見た目とは、その人の”眼”です。
言わば、内面がにじみ出るような見た目。
眼に笑顔が浮かんでいる方とお話しすると、
とても楽しいひと時を過ごせます。

たとえば、商談に積極的な方ならば、対峙する人に目を合わせ、
眼から自信が感じられ、笑顔が浮かんでいるものです。
仕事の話にも花が咲き、テンポ良く物事が決まっていくもの。

その逆ならば、時には敵意を感じ、
終始、眼を合わせない方もいらっしゃいます。
それは、もう最悪です。
話のリズムを作るどころか、相手は私に興味がないのですから、
沈黙の時が過ぎていく・・・。
窮屈になるので、どんどん問いかけをしても、
気づけば、私がその答えを出して、
相手が「そうですねぇ・・・」と相づちを打つ。

そんなパターンにハマるのは、
だいたい眼がいきいきとしていない方なんです。
自信がないのだと思います。
ついつい、「この人は何事にも前向きじゃない・・・」
なんて、偏った評価に流れてしまいます。

だからこそ、私はどんなに疲れていても、
商談の場では”眼の笑顔”を忘れません。
ひとり、浮いていても気にせずに、
場を盛り上げようと頑張ってしまいます。
大変、疲れることですが(苦笑)、
それでビジネスがうまくいくならば、良いと考えています。

さて、今日は週末の金曜日。
最後の力を振り絞って、
”眼の笑顔”を浮かべてみてください(^^)