【2014-09-25 この日のニュース】マーク・バーリーが14年連続の200投球回を記録

【SEGA CARD GEN MLB】セガ カードジェンMLB 2012 黒カード J12-293 マーク・バーリー

バーリー 14年連続の200投球回達成 – MLBニュース : nikkansports.com:
www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140925-1372522.html#
(Via. nikkansports.com)

 

今季最終登板で14年連続の200投球回を達成した。これだけ長く200回をクリアしているのは、かつての名投手、サットンとペリーが1966年から15年続けて以来だ。

 

Wikipediaによると、投球イニングが14年連続で200回を超えたのは、1901年以降で史上7人目のことだそうです。バーリー、いいピッチャーでしたね。このブルージェイズ時代よりも、やはりホワイトソックス時代がインパクトあります。特にイチローがカモにされていたってところが、バーリーの凄さを物語っているのだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

no image

米挑戦濃厚の涌井、国内ならロッテ残留(サンケイスポーツ)- Yahoo!ニュース

米挑戦濃厚の涌井、国内ならロッテ残留(サンケイスポーツ)- Yahoo!ニュース https://h

記事を読む

no image

【2017-01-21 付 資料リンク】エンゼルスがバルブエナ、ブルワーズがフェリス獲得

 エンゼルスは4年連続2桁本塁打のルイス・バルブエナ内野手(31=アストロズFA)と2年契約で、ブ

記事を読む

no image

イチロー、タイ・カッブ、ピート・ローズ。4000本安打の3人を直接インタビューした男の話

先月、プロ野球選手として最も安打を記録した選手は誰かについて「プロ野球選手としての」最多安打記録は

記事を読む

【2017-02-03 この日のニュース】日本ハムの大谷翔平がWBC欠場へ・・・

日ハム・大谷、WBC出場せず 小久保監督が明言 : J-CASTニュース: http://

記事を読む

no image

【2017-04-15 未 資料リンク】元MLBの名選手カルー氏、29歳で死去した元NFL選手の心臓提供を受ける

【4月15日 AFP】米大リーグ(MLB)の名選手として知られ、米野球殿堂(Baseball Ha

記事を読む

no image

松井氏、NYでの人気衰えず 米球宴で解説者デビュー ダルは恐縮?

松井氏、NYでの人気衰えず 米球宴で解説者デビュー ダルは恐縮? - ZAKZAK

記事を読む

no image

【2014-03-21未】自然体 ヤンキース 田中 黒田 共通点

まずは自然体 ヤンキース・田中と黒田の共通点 - 日本経済新聞 http://www.nikkei

記事を読む

【資料リンク 2017-10-23 付 サンケイスポーツ】ヤンキース・ジラルディ監督は退任も?米紙報じる

ヤンキース・ジラルディ監督は退任も?米紙報じる(サンケイスポーツ)- Yahoo!ニュース http

記事を読む

no image

岩隈、ムネリンらがFA マリナーズは残留が最優先

 米大リーグ選手会は2日、ワールドシリーズ終了を受けてフリーエージェント(FA)になった139選手

記事を読む

【2017-08-03 この日のニュース】田中将大がプロ入りして初めての10敗

田中将大、キャリア初の10敗目…またも3つの要素に苦しむ https://news.goo.ne.

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【気になる・・・】2018年はドッグイヤー(津田建二)

2018年はドッグイヤー(津田建二) - 個人 - Yahoo!ニュー

no image
【気になる・・・】種牡馬入りのキタサンブラック、初年度の種付け料は500万円(サンケイスポーツ)

種牡馬入りのキタサンブラック、初年度の種付け料は500万円(サンケイス

no image
【気になる・・・】アングル:よく働きよく遊べ、ヴァン・ヘイレン元ボーカルの人生訓

アングル:よく働きよく遊べ、ヴァン・ヘイレン元ボーカルの人生訓 htt

【2017-12-25 付 この日のニュース】話題の「のど飴を水に溶かして飲む」方法には落とし穴 衛生面のリスクも – ネタりか

話題の「のど飴を水に溶かして飲む」方法には落とし穴 衛生面のリスクも

【2018-01-01 付 この日のニュース】ローリングストーン誌が選ぶ「2017年再発盤」ベスト15

ローリングストーン誌が選ぶ「2017年再発盤」ベスト15: "

→もっと見る

PAGE TOP ↑