【MLB】アレックス…ホントか?

公開日: : 最終更新日:2015/04/07 MLB , ,

「Aロッドが禁止薬物の注射を受けていた 米報道」:SANSPO.COM

クリニック医院長が個人的に“処方”。数週間ごとにマイアミのAロッドの自宅を訪れ、禁止薬物を注射していたと報じている。


引用元:「Aロッドが禁止薬物の注射を受けていた 米報道」:SANSPO.COM

ショックというか、やっぱり…なのか。
あくまでも、ワタクシ的な印象ですが、
ドーピングが発覚しそうな選手は、
体型が丸くなるというか、
大きくなるというか。

ボンズにしても、クレメンスにしても。
アレックスもそんな印象を
抱いておりましたが、
ホントならば、残念だな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

no image

レッドソックス・上原、快投の裏に“痔獄”脱出あり (1/2ページ)

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20131

記事を読む

no image

【2017-06-03 未 資料リンク】青木、ダルビッシュとの対戦は2打数無安打

 悪天候のため、試合開始が2時間6分遅れたこの日は、レ軍先発ダルビッシュとの対戦。  5回表無死

記事を読む

no image

イチロー10タコ 通算1000三振 珍しく判定に不服そうな表情も

 ■メジャー速報 25日(日本時間26日)  マーリンズのイチロー外野手(42)は25日(日本時間

記事を読む

no image

球界最年長投手コローンと最年長野手イチローの対決

 マーリンズのイチローが、3試合で10安打と大活躍し、日本だけでなく、米国でも話題を集めました。も

記事を読む

no image

米大リーグ労使協定改定めぐりロックアウトを検討か

 米大リーグの労使協定の改定を巡り、現協定の有効期限が切れる12月1日までに交渉がまとまらなかった

記事を読む

no image

【MLB】イチローのメジャーキャリアは「伝説的」 米メディアが挙げる8大ニュースは

 5月21~23日の3試合で13打数10安打という驚異の打撃を披露したマーリンズのイチロー外野手。

記事を読む

no image

ヤンキース・ジラルディ監督 イチローの意識の高さを称賛

【コロラド州デンバー発】ヤンキースのジラルディ監督は15日(日本時間16日)、遠征先のデンバーで、

記事を読む

no image

前田は何位にランクイン? データから見る日本人投手の初登板初先発ランキング

先日6回無失点に加え、レフトへホームランを放つなど衝撃的な活躍を見せた前田健太は6位。【Getty

記事を読む

no image

イチロー、ナーバスになりながら途中出場で好成績を残す理由。「ヤンキースでルーティンを学んだ」

いつ、どんなときでも出られるようにイチローは常に万全の準備をしている。【Getty Images】

記事を読む

no image

レッドソックス5年ぶり勝利 先発打者全員安打と得点は77年ぶり3チーム目

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131005/mlb131

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

雨が止むみたい

もうすぐ雨が止みそうです。 家に帰って、何しよう。

ロキシーミュージックを聴きながら

後ミュージックを聴きながら、埼玉へ向かっている。音声認識の精度が今

no image
予定

ファミマに寄って帰る。

tree not true…

事実は小説より奇なり? 違う。 ╭( ー○ー )╭ハァ?

【期間限定で終わらないで】い・ろ・は・す メロンクリームソーダ

確かにあのメロンクリームソーダの味がする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑